2006-08-08(火)

無題

夏ですね。
夏と言ったら心霊。
恐い体験ってあります?
わたしは不思議な体験は何度かありますが恐い体験は一度だけ...


心霊スポット巡りにはまってた頃の話。
17の夏。

有名な心霊スポットは人間だらけでこわくも何ともない、というわけでマイナーな場所ばかりに行ってました。

生きてる人間の方がこわいだろ?と思ってた所為かそういう場所に行ってもあまり恐怖を感じなかったのでいつもわたしが懐中電灯を持ち先頭を行くことに。

その日は○県H市の廃校になった小学校(?)に男2女2で行くことになった。
着いたのが夜中の1時頃。

学校は高い丘のような場所にあった。付近を調べてみると幅が狭く距離にすると100メートルはあると思われる長い階段を発見。

わたし、後ろにK、J、Sちゃんの順で一列になり階段を上ってた。わたしは途中突然大声を出したり、着いた時に拾った小石を雑草の中に投げて音をたてたり。こわがってる友人達を驚かせるのが楽しくていつもの悪戯をしてた..まぁ、毎度の事だからもう誰も驚かず最初の目的から外れ場を和ませるというものになっていた。
そんな感じで笑ったり普通の会話をしながら階段の3分の1辺りまで上った時、

..とんとんとんとん

..と階段の上の方からかすかに音がした。話に夢中になっている3人には聞こえてない様子。
わたしもあまり気にもならずにまた一段上ったその時また

..とんとんとんとん

後ろを向き「ちょっと静かにして」と言い階段を上るのをやめ皆で息を潜めてたら上の方から

..とんとんとん..

それは上から階段を下りてくるような足音..。その音を聞いて悲鳴をあげたSちゃん、それに反応したKとJ3人は急いで階段を下りてった。
今度はひとりで息を潜め様子を伺っていた。

..とんとんとんとん

..何か変。だんだん音が大きく、近く?なってきた。音はすぐ近くで聞こえるのに懐中電灯を当てても何も見当たらない。
急にこわくてたまらなくなりわたしも急いで階段を下りた。

下で待っててくれた友人ととりあえず車の中に入ることに。
後部座席にSちゃんとわたし。運転席K、助手席J。
車に乗って少しすると、チリンチリン..と鈴の音のような音が聞こえた。
「さっきはこわかったね」「あんな音したのはじめてじゃない?」と興奮気味の3人には鈴の音らしき音は聞こえなかった様子だったから「気のせいかな」と思った。
次は海に行って○○の家で飲むか、と盛り上がる3人、わたしは前日寝てなかった為疲れ気味で黙って3人の会話を聞いていた。多分半分夢の中にいたんだろう。
Kの「今の夢子だろ?」の声にびっくりした。
K「鈴ならしたの夢子だろ?マジこの間はびびったよな、」と。

【わたしは前回○県T市の山中の廃墟になった病院の中でいたずらで鈴をならした】

Sちゃん「あの時のMさんマジでキレてたよね」
友人3人KとJとSは大爆笑。

【その場所には10人位で行ったのだが初対面の年上のMさんがわたしのいたずらに大激怒。】


「ちょっと待ってよ、わたし今日は鈴持ってないしならしてないよ?」と言って静かになった瞬間に

チリン..チリン..

ゆっくりと聞こえる鈴の音のような感じのものが本当におそろしかった。
もしかして前回のいたずらの仕返し?と思いみんなの手元を確認、手をあげてもらったが..

チリン..チリン..

わたしのすぐ隣で、近くで聞こえる感じなのに何故か遠い感じもする。すごく変な感じがして気味悪かった。

一番びびってるJが「早く車出せよ」Kが急いでエンジンをかけはじめたが「エンジンがかからない」と..。Jが席をかわりエンジンをかけるがやっぱりかからない。

今度はわたしの頭の後ろでチリン..チリン..
動揺して泣きじゃくってるSに「今度は後ろから聞こえたね?」と確認してもSにはもう聞こえないらしい。
後ろを向いたら本当に近く、耳の辺りでチリン..チリン..と聞こえた。
これが最後の音だった。

漸くエンジンがかかり車を出せた時はほっとした。


あの鈴のような音は何だったんだろう。
エンジンがかからなかったのはただの偶然!?
鈴の音が聞こえてからの頭痛と吐き気は?
..前日一睡もしなかった所為??

次は○県のT市の○○病院に行く予定だったがもうそんな気にはならなかった。


何を見たわけでもないが本当にこわかった。Mさんの怒り顔、鈴の音、今思い出しても恐ろしい..。
[セ編集]

Click Here!

[←戻る]