PAGE [06]
08-05-23 17:26
[セントバーナード]
うちに子犬が来た。父が知り合いから引き取ってきたのだ。
私は犬小屋を作ることにした。
今は子犬だが、成長するととんでもない大きさに成長する種類なので、
せまい庭の半分は占めるんじゃないかというくらいの大きな小屋を作った。
製作には二週間かかった。
やっと出来上がり、落成式をしようとしたが、
そのとき初めて出入り口を作るのを忘れていたことに気が付いた。
仕方なく落成式はお預けにして、壁に穴を開ける作業に取り掛かった。
突然、中からガタゴトという物音が聞こえてきた。
ねずみか何かが紛れ込んだのだろうか、物音は止むことがなかった。
急いで穴を開け、中を覗きこもうしたとき、いきなり人間の腕が飛び出してきた。
やがてこの世のものとは思えぬ絶世の美少女が姿を現した。

今では彼女は私の嫁だ。
成長したセントバーナードのジョンとともに幸せに暮らしている。

[前n][次n]


[セ編集]