PAGE [07]
08-05-23 17:27
[謝れるなら謝りたい]
俺が二歳くらいの頃、我が家に犬がやってきたんだ。
俺はまだあんまり喋れずジョージョー言ってて、まだ子犬のそいつの頭をポンポンやってたらしい。で、おのずとジョン、という名前になった。

小学校にあがって背が小さく、いじめられっこだった俺はよく学校でいじめられてたな。
親にも言えないからよくジョンに話しかけたりして、顔中なめられたりした。
最初の友達だったんだ。
散歩はいつもジョンの力に負けて二時間くらいいってた。
小型犬でもないのに家に上げてよく親に怒られたな。

中学になると、小遣いの中からよくほねっことか買ってきてプレゼントしたりしたな。ジョンてばあんまりうまそうに食べるから少しかじってみて変な味だったの、覚えてる。
元気が無くなってきたのは高校にあがってすぐだった。散歩を嫌がったり、そのうち小屋からでるのもしんどそうになってきて。
たまに散歩にいくと、もう俺のほうが全然力強くてさ、なんか悲しくなった。
俺が受験の時もまだ生きててくれた。
でも、あれは秋の終わりだったかな?
その半年くらい前からジョン、よく夜中に遠吠えするようになって、
もうあまり目も見えなくなってた。
ジョンはもう16歳になってたから寿命だってわかってた。
ある日の夜、またジョンが遠吠えを始めた。
俺は、追い込みの時期で毎日遠吠えをするジョンにイラついていたんだ。
だから、その夜は小屋まで行って、
「うるせーよ!!毎日毎日吠えやがって!こっちの事も考えろよ!!」ってキレてしまった。
その夜、俺はまた勉強にもどり、二時間くらいしたら遠吠えも聞こえなくなってた。
そしたら…次の日の朝、ジョン…死んでた。
ジョンは寝てるみたいに座ってて、父ちゃんがジョンを抱いた時、座ったそのまんまの形で、
まるで剥製みたいだった。その瞬間母ちゃんは泣き出して。
俺は最初実感わかなくて、ずっとジョンを見てて涙は不思議と出なかった。
だけど自分の部屋に戻った時、小さい頃からの思い出が全部飛び込んできて、涙がとまんなくなった。一緒に寝た事とか、顔なめられたこととか、ガキの頃からずっとずっと一緒にいてくれたのに、
最後にあんな事いっちゃってごめんって、死ぬほど後悔した。
ごめんよ、ジョン。
本当にごめんな。
俺最低だ。
謝れるなら謝りたい
[前n][次n]


[セ編集]