PAGE [17]
08-05-23 18:45
[バカ犬]
犬を1匹飼っていた、俺が小さいときでもう犬は俺のことを格下だと思っているらしく厨房の時には近づくだけで噛まれてた
俺はそんな愛犬に触ることすらできなくなっていた、

そんなある日、愛犬が死んだ、
あまりに突然だった、もういい年まで行ってたのに・・・11歳くらいで今まで飼ってた犬は2匹とも15歳で死んだから自然と15歳までは生きていると思っていた
もうあまり愛着も沸いてこなかった俺が近づいただけでうなって威嚇するバカ犬
正直最初はこれで次に新しい犬が飼えるとか考えてた、

俺はばかだな、消防の後半から厨房の間の出来事しかそのころは思い出さなかった
ドライアイスと花と共に段ボール箱に入れられたバカ犬を見つめていたら消防より前の記憶が戻ってきた
昔は俺がバカ犬より強かった、お菓子を食べていると近くに寄ってきたので割って二人で食べていた、
一度俺が家のドアを開けっ放しのまま遊びに出かけたとき、俺を追って家から飛び出して迷子になったバカ犬
必死に探したな、雨の中を泣きながら、あきらめかけてたときずぶぬれのまま家に戻ってきたんだよ、泥だらけでさ、
もうスゴイうれしかった、一緒に風呂に入ったこともあった、

そんな楽しくうれしい思い出までも忘れるトコだったよ、
ごめんな、お前のことをちっとも考えてなくて、もう一度会いたいな、天国では前に死んだ2匹と会えてるのか?
俺も死んだらそっちに行ってお前たちと一緒にいてもいいのか?
お前のところに行ったら必ず謝るから、もう少し天国で俺が死ぬまでの残りの人生を見守っていてくれ

P.S.
ちなみに俺お前が死んだ当初は泣かなかったけどダンボールにつめられて埋葬される日に布団の中でずっと泣いてたんだぞ
家族の中ではつまらんプライドがジャマして泣けなかったが
[前n][次n]


[セ編集]