PAGE [18]
08-05-23 19:07
[♀の犬1匹]
俺の家は♀の犬1匹飼ってます。(今も生きてるw
たしか、小学5年生くらいだった
ある日散歩してたら1匹の野良犬ちゃんがやってきた。
いきなり俺の犬に交尾!!『まぢかよ!』って思って
犬を抱いて逃げた。しかし、相手は犬だ。
俺は人おまけに足も遅いし、抱いてる俺の犬もデブで重かったww
逃げれるわけもなかった。結局その野良ちゃんは家までついてきた。
さすがに庭には来ないだろうと思って、先に庭に入って策を閉めてやったw
これで大丈夫だと思ってたら。
野良ちゃんは作のわずかな隙間を無理やり通ってきた。
『・・・』少し怖かった。
それから約2週間野良と俺の家族と犬は共同生活をするはめになった。
2週間くらいたったある日、隣に住んでる俺のじいちゃんが急に倒れた。
じいちゃんは、救急車で運ばれてった。
当然すぐに、俺たちもじちゃんのいった病院に車で向かっていった。
すると、庭に住み着いていた野良ちゃんもなんと着いてきた。
『お前!交尾目当てじゃないのかよ!』って思った。
車を全力で追いかけてくる野良ちゃん。
何かね、映画のワンシーンみたいだった。
普通の国道を、俺たちを乗せた車と、野良ちゃんが走ってた。
信号で止まったら、車にもたれてきて『クーン、クーン』とないていた。
すごく悲しそうな目だった。
大きい交差点で、右に曲がったら野良ちゃんは、目の前の俺たちの車に似ている車を追いかけていった。
『え〜〜〜。』よくおきたことがわからなかった^^;
後でお袋がおれにこう言ってきた。
『あの子は、飼い主に捨てられて一人になるのが寂しかったのかもね。』
そう言われて俺は、昔読んだ捨て犬が新しい家族を追って走っていく物語を思い出した。
目頭が熱くなった。気づいたら泣いてた。
病院でおじいちゃんの心配ではなく、犬の心配をしていた。ものすごく場違いだった^^;
その1年後、散歩していたら、1匹の犬が近づいてきた。
その1匹の犬は、今は俺の愛犬だwww
ちなみに俺はまだ、厨房で中3今年受験で勉強がんばってる(・ω・`)
息抜きに、犬2匹つれて散歩してる。
[前n][次n]


[セ編集]