PAGE [20]
08-05-23 19:09
[パックリ割った子猫]
1年前職場で仕事準備をしているときに、上司に呼ばれた。
「子猫がケガして倒れてるよ。」急いで見に行くと額をパックリ割った子猫がかすかに鳴いていた。
ほっとくなんて出来ない。上司に1時間だけ時間をもらい、動物病院へ向かう。
たぶん安楽死って言われるかもと思って、泣きながら運転した。

病院に着くと、診療時間前なのにすぐ入れてもらった。
「先生、また拾いました・・・」先生は、少し笑いながらすぐ診るからねって言ってくれた。
診察しながら、「ひどいね、でも出来る限り治療しましょう!それでもダメだったらごめんね
何かあったら電話するから、仕事に戻っていいよ」って・・・安楽死じゃなかった!
うれしくて泣きながら職場に戻った。

病院から電話が来るんじゃないかとビクビクしながら夕方になり、病院へ。
生きてる!グルグルいいながら必死で立とうとする。でも右半身に力が入らないみたいだった。
頭部のレントゲンを見せてもらった。陥没骨折、頭部がゆがんでた・・・
先生が「もしかしたら、障害が出るかもしれない」・・・言われると思ってた言葉。
子猫が自力で食事できるようになるまで入院になったので帰宅する。

家に帰ってからは「障害」って言葉が頭から離れない。
障害を背負ってまで生かして良かったのかと・・・障害が出て一番キツイのは子猫なんじゃないかと・・・
おそらく里親は見つからないな・・・もうこの時点で飼うことを決めていたと思う。

翌日から6日間、毎日会いに行った。日に日に良くなったが右半身の動きは悪かった。
顔の右側はひきつって良く動いてない。でも、元気だけはあった。
ちっちゃいくせに頑張ったんだろうな。

退院の日、財布の中に10万入れて迎えに行った。
7日の入院、レントゲン、注射、その他諸々。足りなかったら銀行に走ろうそう思ってた。
先生は2万しか受け取らなかった。「今からが大変だから頑張ってね」って・・・
この先生には毎回毎回ホントお世話になってる。ホントありがたいです。

里親を探す気なんてまったく無くて、親にあきれられた。

1年経って、ほんの少しだけ右半身が不自由で、ジャンプも下手だけど元気です。
走り回ってます。ものすごい甘えん坊です。先住猫の兄ちゃん姉ちゃんとも仲良く暮らしてます。

[前n]


[セ編集]