PAGE [17]
08-05-23 20:11
[台風の日]
俺が小五の時おかんが死んだ。
まあ病死で名前が混合性結合組織病ってやつで。
そいつはいわゆる不治の病だっだ。おかんが生きてたときは
真剣に医者になって治してやるって思ってた時期もあり(ry
おかんは何回か入院して何度も生き返ってきた。
だけど、小五の二学期始まってすぐの台風の日におばあちゃんから
電話があった。
病院にいくとおかんが死んでた。先生が必死に蘇生させてた。
俺はおかんに「俺が治すって言ったさ」ってずっと言ってた。
告別式もおかんが好きな家でやった。
葬式なんてどうせ生きてるやつの自己満足だなって感じた。
その後からずっと家族が暗かった。
おかんの姉(以下おばさん)にそれからずっと今まで励まされてた。
クリスマスも誕生日もいとこの行事も俺たち兄弟が寂しくないように
誘ってくれて、本当のお母さんみたいになってた。
時間がたって俺のおとんが再婚して引越ししなきゃいけなくなって
俺がおかんが好きな家を売るのを渋ってたら、おばさんが慰めてくれた。
そのおばさんがおととい自殺した。
俺は今でも頭がパニックしてて、こうやってちょうどいいスレを見つけて
書き込んでる。
おかんもおばさんも天国で姉妹仲良くしてるといいな。
[前n][次n]


[セ編集]