PAGE [14]
[戦友]
ここ読んでて思い出しました。
結構前のテレビだったかで、戦争末期のどさくさで、行方のわからなくなってた戦友を探す、元パイロットのじーちゃんの話が取り上げられてた。

特攻隊の遺影を展示してある、記念館で、その戦友の遺影を見つけた刹那、
目つきが変り、背筋を伸ばし、戦友(とも)の遺影に敬礼し、一言
「ここに居られたでありますか!!」
じーちゃんの目に浮かぶ涙。

数十年を経ようと、死で隔てられようと、戦場で結ばれた二人の友情は不滅のものだった。

ちと涙してしまったよ。
[前n][次n]


[セ編集]