PAGE [10]
[ボウリング大好き]
支配人がボウリング大好きで、従業員やバイトへの教育も徹底していて、教室にも力を入れているセンター
でも設備が古くてトラブル続き
「沢山の人にボウリングを楽しんで欲しい」という支配人の考えで料金も安い上にサービス券使う人多い、それにたった20レーンしか無いから採算取れないらしい
支配人自身、中学の時にボウリングにはまり、学生時代は常にゲーム代で金欠。通っていたセンターの支配人が「彼を伸ばしてあげたい」と色々便宜を図ったらしい。
回りの人に貰った恩を今返しているところ

でも、彼のセンターは古くてボロボロ
「ボールに傷がついた」「ピンがセットされない」毎日苦情が連発
毎日毎日謝り続ける支配人
ボウリングの神様
彼にピカピカの素敵なボウリング場をプレゼントしてあげてください
[前n][次n]


[セ編集]