PAGE [12]
[菓子袋]
男は、今日も仕事で疲れきって、遅くに家に帰ってきた。
すると、男の5歳になる息子が、ドアの前で待っていたのである。男は驚いて言った。
「まだ起きてたのか。もう遅いから早く寝なさい」
「パパ。ねるまえにききたいことがあるの」
「なんだ?」
「パパは、1日にどれくらいおかねをかせぐの?」
「お前には関係ないことだ」男はイライラして言った。
「なんだって、そんなこと聞くんだ?」
「どうしてもしりたいの」男の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ…100ドルくらいかな」
「わあ」男の子は言った。
「ねえ。パパ。ぼくに50ドルかしてくれない?」
「なんだって!」疲れていた男は激昂した。
「お前が何不自由なく暮らせるように、俺は働いているんだ。それが、金が欲しいだなんて、駄目だ!早く部屋に帰って寝なさい!」
男の子は、黙って自分の部屋に行った。

しばらくして、男は後悔し始めた。
息子はどうしても買いたいモノがあったのだろう。
今まで息子は、何かをねだったりしたことは無かった…
男は、息子の部屋に行くと、そっとドアを開けた。
「もう寝ちゃったかい?」男は小さな声で言った。
「ううん、パパ」男の子の声がした。
少し泣いていたようだ。


「最近遅くまで仕事が続いて、イライラしてたんだ…ほら、お前の50ドルだよ」
「ありがとう、パパ!」
息子は枕の下に手をのばすと、決して少なくはない量の硬貨の入った菓子袋を取り出した。
父はちょっとびっくりして言った。
「おいおい、もう幾らか持ってるじゃないか」
「だって、たりなかったんだもん。でも、もうだいじょうぶだよ」
男の子は答えた。
そして、50ドル札と硬貨の入った菓子袋を男に差し出して…
「パパ。ぼく、100ドルもってるの。これでパパの1日をかえるよね…?」
その言葉に何も返せず、父は無言で我が子を抱き締めた…

[前n][次n]


[セ編集]