PAGE [15]
[彼女を幸せに]
これはほんまの実話です。彼女がレイプされました。これを聞いたとき気がおかしくなり
そうでした……。彼女は泣きながら僕に抱きつき必死にあやまっていました。なんで○○
(彼女の名前)があやまるねん……付き合ったときから彼女をまもるってきめてたのに。
体が弱くてすぐ熱だしたりして、会いにいったらすっごい元気なふりして……レイプされ
てからあんまり笑わなくなった。抱き締めた彼女の体に残ったアザが悲しくて、泣き付い
てる彼女にかける言葉がみつけられんくて、抱き締めるしかなかった。……うらんだ。こ
んなにキレイな子を……なんで……。だれでもよかったんかな?夜とかわざとぶつかって
絡んできたやつボコボコにして……残ったのは何にもない。
そんなことやってたら、親友が彼女に言って、彼女に大分おこられた。また私をまもって
よ。って言われた。いったい何やってたんやろ。自分の間違いを一瞬で気付かせてくれ
た。
僕がしたいことは犯人ぼこることでもないし、いい大学いくことでもない。
彼女を幸せにしていこう!!!いつかいやなこと全部忘れさせてあげるからなぁ!!
大事な人。いる人は頑張って幸せにしましょーね!

[前n][次n]


[セ編集]