PAGE [20]
[あなたの子供]
お母さんは山口百恵が大好きです。私は古い歌だなぁ…くらいにしか思ってなかった。。。
  この春、私はできちゃった結婚で急に結婚。わがままで入った専門学校もわずか1ヵ
月で中退。。。赤ちゃんができたと言った私に。母は、怒りもしないで、生みたいんで
しょ?と。。。やさしく聞くだけだった。夏には旦那とアパートを借りて二人暮しをはじめた。
今はもう再来月に出産を控えて、お腹も大きく、たまに実家に帰ると、「お金はあるの??
栄養なものとってる??」とあれこれ心配ばかり。。。大丈夫と言ってももたされるのは買って
きたばかりの野菜たち。帰りぎわには私の車が見えなくなるまで手を振る母。最近少し
。。。小さくなったなぁって感じたりしてて。。。  旦那が出張の時、しばらく実家に帰ろう
と思い、母に電話した、母は喜んで招いてくれた。「ぉまえの家はここでしょ??いつでも
帰っておいでね」 結婚の時。向こうの家ともめて、迷惑も心配もかけた娘に、何のため
らいもなく。。。むしろ嬉しそうに言う。こぅいうのが母で…母親の愛で…アパートに帰った夜
は思い返すたび涙がぁw)?ニまらなかった。 お母さん、心配かけてばかりでごめん、こん
な娘ですが、あなたのような母親になれるよう頑張ります。あなたの子供でよかった。産
んでくれてありがとう。 もう名前が変わってしまったけど…山口百恵さんの秋桜のこと
ばを借りて…もう少しあなたの子供でいさせてください。

[前n]


[セ編集]