PAGE [02]
[旅に終わりがあるのはいいことだ。でも結局、大事なのは旅そのものだ。]
解説;
世界中のどこでも好きなところへ、旅行してもいい。しかも制限時間なし。どんなルートを通ってもいいし、好きな場所にすきなだけ滞在しながらでも構わない。そんな機会が与えられたとしたら、あなたはどんな旅をしたいですか?とにかく目的地を目指し、最短距離を選んで、ひたすら突き進むでしょうか。それとも、周りの景色を眺めたり、いろいろな出来事や人との出会いを楽しみながら、ゆっくりと旅をするでしょうか。実は、私たちには、いつもこの「どこへでも自由に旅をする」機会が与えられているのです。自由な旅の目的地を、人生の目標だと思ってみましょう。どんな目標を選んでも構わないし、そのためにどんなルートを通るかは、自分が決めればよいことなのです。そして、本当に大切なのは、目的地に到着することではなくて、旅そのものだということも多いようです。目標を達成することも大事ですが、その過程にこそ人生の真の意味があるのではないでしょうか。目的地に到着することこそが重要だと考え、がむしゃらに突き進んでいると、せっかく到着した場所を充分に楽しむヒマもなく、さらに次の場所へ出発したくなってくるかもしれません。もちろん、そんな旅が必要なときもあるでしょうが、のんびりと旅を楽しんで、たどり着いた目的地でゆっくりとまわりの景色を味わってみるということも自分を豊にしてくれるかも知れませんね。ときに私たちは、自分は絶対に「そこ」を目指さなければ「ならない」し、そのためには、「この道」を通らなければ「ならない」と思い込んでいることがあります。そして寄り道や立ち止まることは、時間の無駄だと考えています。そんな旅はひょっとしたら、とても苦しいかもしれません。あなたがそう感じているとしたら、本当にそれが自分が選らんだ目的地やルートなのか考えてみてもいいかもしてませんね。ちょっとひと休みして、まわりの景色を眺めてみてください。本当は、世界はもっと広くて、あなたは自由で、どこへでも旅をすることができる切符を手に持っているのではないでしょうか。ほんとうにあなたが望んでいるところへ出かけてみましょうよ。私たちは、旅を楽しみ、生きる喜びを充分に味わうために、ここにいるのですから・・・。

アシュラ・k・ルグイン(アメリカの作家)・・・
[前n][次n]


[セ編集]

[戻る]